人気のケノンを買いました!

会社の友だちが結婚前に脱毛サロンに通ってつるつる、ピカピカになりました。
ちょっと奮発したみたいで高めのサロンに通ったようで、一生懸命残業していました。
脱毛サロンはリラックス効果もあって結婚前のマリッジブルーもうまく乗りきれたようです。
ウェディングドレスのデザインに合わせて二の腕、ワキの下、背中の施術を受けた彼女は結婚後も大胆に露出した洋服を颯爽と着こなしています。

 

私はこれまで脱毛に限らずエステサロンに行ったことがなりませんが、憧れはあります。
専門のスタッフの施術を受けてツルピカがかなえられたらどれだけ素敵だろうと思います。
でも正直なところ、お金も時間も都合がつきません。

 

最近は数千円で脱毛ができたり、回数無制限なんて言う魅力的なサロンも見かけますが、なかなか勇気が出ないものです。
それに人前で裸に近い恰好をするのも気が引け、恥ずかしさの方が勝ってしまいます。
それでもムダ毛のないきれいな素肌にはあこがれるので、奮発して家庭用脱毛器を買ってみました。

 

どれが良いかわからなかったのでとにかくたくさん売れているものをということで「ケノン」を購入。
楽天でも抜群の人気を誇っているようなので、私も使ってみて大丈夫だろうと思ったわけです。

 

届いてみて予想よりもコンパクト。
使い方もシンプルで、機械音痴の私でもすぐに使えました。
脱毛したい部位に広範囲で照射でき、処理すぴいーどが速いので効果の実感がはっきりしています。
自己処理するたびに毛がなくなっていくのは嬉しいです。
自宅でできるので誰の目も気にせず、デリケートゾーンの処理もできます。

 

私は家庭用脱毛器でおうち脱毛が合っているみたいです。
これでツルピカ女子を目指します!

抜かない!剃らない!痛くない!

腕や脚などの様々な部位を脱毛することができる
ヤーマンノーノーヘアスマートは・・・
全身をラクラクお手入れ可能!

 

すでに世界中で150万台も販売されており、
世界各国で素晴らしい脱毛器だと絶賛されています。
 
このヤーマンノーノーヘアスマートなんですが、
なんと厚さがたったの数cm!
 
女性でも簡単に手に持ち、気軽に脱毛をすることができますね♪
 
 

特徴その1

いつでも脱毛できるように、ヤーマンノーノーヘアスマートは充電式でコードレスに対応しています!
1時間でおよそ90分間使用することができ、かなり便利ですね。

 

特徴その2

液晶画面で現在の充電状況や脱毛出力のレベルなどを人目で確認することができます!
機械音痴の方にもやさしい設計になっていますので、脱毛器の購入に踏み切ることが
できなかった方たちからすると、とてもありがたいですね。

 

特徴その3

 

脱毛のための出力レベルを3段階に調整することができます!
お買い求め頂いた方の肌質の弱さ、強さに応じて、個人個人で最適な出力を
調整させることができます。

 

特徴その4

 

ヤーマンノーノーヘアスマートにはスモールサイズのチップが付属されており、付け替え可能なサーミコンチップによって、さらに扱いやすくなりました!

 

とてもコンパクトな脱毛器で、いつでもどこでも簡単に脱毛できる!
それが、世界中で販売されているヤーマンノーノーヘアスマートです。

 

ソイエはやはり痛かったです

 

痛みは少ないとの売り文句があったので、購入してみたソイエ。
ソイエはローラが回転するときにムダ毛を巻き込み、抜くという方式の脱毛器です。
痛くない理論としては、抜く前に皮膚の部分を伸ばすことで、引っ張る時の痛みを軽減する…ということ
らしいのですが、率直な感想は「痛い!」というものになります。
毛抜きで一本一本抜くのとは違い、まとめてぶちぶちっと抜かれていくので、処理の手間時間は短くなります。

 

ただし、ローラー部分に細かい毛なども巻き込まれるので、使い終わった後の器具の掃除は
地味に面倒でしたので、処理の手間が省けるかどうかについては、疑問になります。
私自身は皮膚が丈夫な方なので、抜く時に痛いというだけで、そのご皮膚が赤くなってしまったということはないのですが、肌が弱い方にはあまりオススメできない脱毛器です。
良いという点は、抜いた後の毛は、剃った時より自然に生えるということと、脱毛効果が長持ちするという二点でしょうか。
痛みに強いという方でしたら、使いこなせるかもしれませんが、「痛くない」という言葉に惑わされて、毛抜きでの脱毛が苦手だけどこちらなら平気かも…と買ってしまわないように、注意をしたほうがいいです。

 

脱毛器は結局、素人が扱うもの・・・
完璧な仕上がりを求めるなら、脱毛エステの銀座カラーなどに通ってみると良いでしょう。
興味がある方は、女子力コースが絶賛されているこちらのエステへ足を運んでみてください。


このページの先頭へ戻る